育児と仕事の両立について

育児と仕事の両立について悩む場合も多いでしょう。
会社によっては時短制度が採用されている所もあり、名目上は時短の場合は会社の提示より前に退社して保育所に子供を迎えに行くことは可能です。
しかし、いざ時短で勤務しても、自分だけが定時より前に仕事を切り上げることがなかなかできないといった状況に遭遇したりします。
周りの社員がバタバタと忙しく働いている際に、1人だけ先に帰るのが後ろめたいと感じたりするからです。
しかし、自分の人生を仕事で犠牲にすることはしない方がいいでしょう。
時短制度があれば強い気持ちを持って時間内にやるべきことを終え、育児との両立をすることを心がけるべきです。
頻繁に保育所に迎えに行くのが遅れて子供が悲しんでいるようでは、後になって必ず後悔します。
子供が小さくて手のかかる時期と言うのは人生全般を考えればほんのわずかな時間ですし、子育てから学ぶことも多いのです。
従ってこの期間を大事にすることが必要です。

育児と仕事を続けていくには

仕事をしている人が子供がうまれてから、育児との両立をどのようにしていけばいいのかと悩むのです。
その時にはある程度の割り切りが大切です。
育児との完璧な両立は無理だということです。
結婚をしていても子供がいない時には、仕事と家庭の両立をしていく人は大勢います。
そして、それを無理なく続けています。
しっかり働きながら、自分のためにお金を使い、自分を高めたり、食事にでかけたりと生活を満喫していても、いざ、子供を産んで社会復帰をした時には思わぬところで制約が出てきます。
その時には、今まではこうではなかったなどと悲観的に考えずに、本当にしなければいけないものだけをしていき、後回しにしていいものや、それほど必要で無かった事などは切り捨てていくようにしないと、体がもたなくなって、折角の子育てをも楽しめなくなります。
毎日成長していくのは子供だけではありません。
親も一緒に育っていきます。
楽しみながら仕事、育児をしていきたいものです。

Valuable information

2017/4/14 更新